検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看護師殺人未遂が時効=私的懸賞金も、有力情報なく-大阪府警(時事通信)

2010.01.25
 大阪市西成区で1995年1月、看護師の女性が刃物で刺され重傷を負った殺人未遂事件は25日、公訴時効(15年)を迎えた。大阪府警西成署は昨年8月、現場から逃げる男の後ろ姿の画像を公開、被害者の夫が私的に懸賞金を提供するなどして情報を募っていた。
 同署によると、事件は95年1月25日午後5時10分ごろ発生。大阪市西成区の大阪社会医療センター前の路上で、当時勤務していた看護師林裕子さん(49)が突然、背後から男に刃物で腰を刺され重傷を負った。同センターに4日後、男の声で「病院はおれを虫けら扱いした」と電話があった。
 夫の良平さん(56)は目撃情報を求めるビラを配り、懸賞金300万円を提供して容疑者逮捕に執念を燃やしたが、有力情報は得られなかった。裕子さんは傷の後遺症で、今もモルヒネで痛みを抑えながら車いすで生活している。 

【関連ニュース】
強盗容疑で37歳男を逮捕=郵便局で500万奪う
遺体は兵庫の72歳女性=首締め刺される、殺人と断定
強盗殺人容疑で59歳男逮捕=靴底に被害男性の血か
強盗殺人容疑で男再逮捕へ=マンションで男性殺害
郵便局長、強盗に切られ重傷=刃物男逃走

府立高校で窓ガラス24枚割られる 大阪・吹田(産経新聞)
女性が自宅で血を流し死亡、次男が発見(読売新聞)
東京都の「派遣村」終了、再就職は十数人(読売新聞)
震災意識調査 働き盛り、災害に無防備?(産経新聞)
そこまでしますか? 大阪市職員の通勤手当不適正受給は300人超(産経新聞)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。