検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟の強制労働も和解=中国人連行、初の全工事解決-西松建設(時事通信)

2010.04.29
 第2次世界大戦中に強制連行され、西松建設(東京都港区)による新潟県内での発電所建設に従事させられた中国人183人に関して、同社は26日、「歴史的責任」を認めて解決金1億2800万円を支払う条件で、元労働者側と東京簡裁で和解した。
 中国人強制連行の加害企業で初めて、全工事について和解に至った。
 今回の和解は、元労働者の遺族らと中国の民間団体「中国人権発展基金会」を相手に成立。同社が強制労働の事実と歴史的責任を認め、謝罪した。183人分の解決金が基金会に信託され、補償などに充てられる。
 ただ、元労働者側の弁護団によると、損害賠償を求めた裁判で同社と争った元原告5人(2007年6月に敗訴確定)は「受け入れられない」として、和解には参加しなかった。
 和解後の記者会見で、高橋融弁護団長は「連行された約4万人のうち、生きている人はわずかだ。国やほかの企業はこの結果に学んでほしい」と訴えた。連行された父が昨年死亡し、和解に加わった張造領さん(58)は「奴隷以下の苦痛だったと聞いた。本来なら謝罪や賠償で癒やされることはない」と涙を浮かべた。 

【関連ニュース】
不動産事業縮小へ=子会社を吸収合併
西松建設との和解を拒否=中国人強制連行で一部元原告
西松建とハザマ、業績悪化で希望退職募集=計750人に
西松建、今期連結純損失435億円に下方修正=固定資産減損、早期退職募集
特捜部長、異例の長時間会見=「狙い撃ち」否定

本屋大賞に冲方丁さん「天地明察」(産経新聞)
全国15カ所で制限速度緩和検討(産経新聞)
常磐線 特急と軽ワゴン車衝突、自営業者重傷 茨城・日立(毎日新聞)
<掘り出しニュース>APECで“婚活”を 福井市イベントボランティア対象「募集中」の枠設け(毎日新聞)
《妻子に心残りしか》…亡き息子に捧ぐ慟哭4首 JR福知山線脱線5年(産経新聞)
スポンサーサイト

「『両さん』像折った」男が出頭=器物損壊容疑で書類送検へ-警視庁(時事通信)

2010.04.23
 東京都葛飾区亀有の商店街に設置されている漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の主人公「両さん(両津勘吉)」の銅像が壊された事件で、会社員の男(23)=葛飾区=が警視庁亀有署に出頭していたことが23日、同署への取材で分かった。
 壊されたのは両手にマラカスを持つ「サンバ両さん」で、左手のマラカス部分が折られているのを通行人が発見した。
 同署によると、男は「17日未明、友人と酒を飲み、酔った勢いで像を揺さぶり、折ってしまった」と話している。折ったマラカスは帰宅途中に捨てたという。
 男が出頭したのは21日午後7時ごろ。同署は22日から、マラカスの捜索をしているが、発見できていない。
 男は「ニュースを見てびっくりした」と話し、出頭を決意したという。
 同署は男の供述の裏付けを進め、器物損壊容疑で書類送検する方針。 

【関連ニュース】
「両さん」守れ!手には包帯=有志で夜間パトロール
「両さん」像壊される=東京・亀有、「残念」と商店街
〔地球の風景〕サンバの祭典へ準備着々=ブラジル

出席表明は先送り=普天間、県内移設反対の大会-沖縄知事(時事通信)
情報公開法改正に着手=枝野行政刷新相が私案(時事通信)
米国に「赤い靴の女の子」像設置=横浜〔地域〕(時事通信)
<教員人事権移譲>副文科相容認 大阪府11年度から実施へ(毎日新聞)
【集う】日本財団 春の交流会(産経新聞)

詐取金でマンション購入 容疑の組員ら逮捕(産経新聞)

2010.04.21
 だまし取った融資金で不動産を購入したなどとして、警視庁組織犯罪対策総務課は組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等隠匿)の疑いで、東京都葛飾区立石、指定暴力団松葉会系組員、橋本昌也被告(38)ら2人=いずれも詐欺罪で起訴=を再逮捕した。

 同課の調べによると、橋本容疑者らは共謀し、平成20年3月、豊島区南池袋のマンションの一室を購入する目的で、都内の都市銀行から詐取した融資金約3400万円を支払った上、東京法務局の出張所に他人名義で移転登記させた疑いが持たれている。

 同課は別人になりすまして3400万円の元手となった融資金約3800万円を詐取したなどとして、今年1~3月、橋本容疑者らを詐欺容疑などで逮捕していた。

【関連記事】
出会い系利用料名目で詐取 大阪府警容疑で5人逮捕 被害2億円か
手紙制限は「弁護権侵害」 弁護士が国と滋賀県提訴
年金詐取し上納 弘道会系組長ら再逮捕
振り込め詐欺「キング」判決で裁判長が間違い
「エコポイントは私の理論」L&G巨額詐欺の波被告がブログで言いたい放題
外国人地方参政権問題に一石

<火山噴火>旅行者100人足止め 成田空港(毎日新聞)
<地域政党>「橋下新党」が発足…大阪府議ら30人参加(毎日新聞)
時効撤廃が参院可決 月内にも成立、来月施行へ(産経新聞)
「地球は想像以上に美しい」 山崎さんらが宇宙会見(産経新聞)
非公式会談で米大統領不信感 首相「ない」と断言(産経新聞)

夜行バスでストッキング下げ… 強制わいせつ容疑で東京消防庁職員逮捕(産経新聞)

2010.04.17
 夜行バス内で女性の太ももを触ったなどとして、栃木県警宇都宮東署は11日、強制わいせつの疑いで東京消防庁千住消防署の消防副士長、松尾崇志容疑者(24)=東京都荒川区東尾久=を逮捕した。

 同署の調べに対し、松尾容疑者は「(車内は)暗くて静かだったのでばれないと思った。かわいい子だったのでやった」などと容疑を認めている。

 同署の調べによると、松尾容疑者は10日深夜から11日未明、東北自動車道を走行中の夜行バス内で、寝ていた派遣社員の女性(24)のストッキングを下げ、太ももを触った疑いが持たれている。

 同署によると、女性がバスの運転手に「痴漢された」と申し出たため、宇都宮市の上河内サービスエリアで停車、運転手が110番通報した。バスはJR盛岡駅発、同新宿駅行きで、松尾容疑者は帰省先からの帰りだったという。

 東京消防庁は「詳細は確認中だが、事実なら大変遺憾で、厳粛に対処する」とコメントしている。

【関連記事】
消防士長が女児わいせつ「たくさんやった」 十数件関連捜査
広告会社社員を逮捕 特急で強制わいせつ容疑
わいせつ巡査部長を懲戒免職、起訴 福岡県警
時効2日前に女性暴行の男を起訴 水戸地検 DNA鑑定で犯行が発覚
32歳被害女性が強制わいせつ男を追い取り押さえる 名古屋 
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<雑記帳>夕張頑張れ…GLAYのTERUさんらプレゼント(毎日新聞)
<虚偽勧誘>業者に業務停止命令 東北経産局(毎日新聞)
公務員の政治活動巡る逆転無罪、東京高検が上告(読売新聞)
漁港で車転落、男性死亡=仮眠直後? 、運転誤る-福井(時事通信)
名古屋の山にニホンカモシカ、最大3頭生息(読売新聞)

<ゼブラーマン>完成披露試写会 5月1日から全国公開へ(毎日新聞)

2010.04.12
 哀川翔さん主演の映画「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」(毎日新聞社など製作委員会)の完成披露試写会が5日、東京・水道橋のJCBホールで開かれた。哀川さんとゼブラクイーン役の仲里依紗さん、脚本の宮藤官九郎さん、三池崇史監督らが舞台あいさつに立った。

 映画は06年に大ヒットした「ゼブラーマン」を大幅にスケールアップした続編。無法都市ゼブラシティとなった2025年の東京を舞台に、善の象徴・白ゼブラーマンと悪の象徴・黒ゼブラクイーンの死闘を描く。哀川さんは「自分の集大成の作品。かなりきつかったが、その分いい映画になった」と話した。最悪のヒールヒロインを演じた仲さんは「身も心も出し尽くした。真っ黒に染まってほしい」と呼びかけた。三池監督は「皆さんの想像よりはるかに強烈な作品。あぜんとするラストも楽しんでほしい」と自信を見せた。5月1日から全国公開の予定。【鈴木隆】

【関連ニュース】
ゼブラーマン:沖縄国際映画祭で上映
ゼブラーマン2:仲里依紗のゼブラクイーン、PV公開 2025年の過激なアイドル
ゼブラーマン2:仲里依紗「ゼブラクイーン」が映画主題歌担当 4月に歌手デビュー
沖縄国際映画祭:「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」上映
沖縄国際映画祭:スターずらり、ファン声援 オープニングレッドカーペット&セレモニー

鳩山首相、連合滋賀幹部らに参院選の協力要請(読売新聞)
都内の小6女児を呼びわいせつ 大阪の男逮捕(産経新聞)
サクラ前線、民間3事業者予想は“善戦” 記録的早咲き「誤算」(産経新聞)
「いつか3人で宇宙旅行」=山崎さんから家族に初メール(時事通信)
<北海道4児死亡>車内からライター部品 死因は焼死(毎日新聞)

寸借詐欺男、1年後に同じ店・同じ手口で御用(スポーツ報知)

2010.04.06
 奈良県葛城市のパン店を訪れて、現金5000円をだまし取ったとして、奈良県警は3日までに住所不定、自称無職の高森茂宏容疑者(75)を詐欺の疑いで逮捕したと発表した。

 高田署によると、同容疑者は昨年4月下旬の午後2時頃、同店を訪れて「お金を落とした。お金を貸してください。1週間以内に返します」と懇願。架空の名前、住所、電話番号を経営者の男性(47)に伝え、5000円を借りたがそのまま消息不明になっていた。

 味をしめた同容疑者は、1回目の犯行から約1年後にあたる今月2日の午後に同店を再訪。再び「お金を落とした」と同じ文句を口にしたため、経営者が「あの時の男だ」と容疑者の顔を思い出し、こっそり110番通報。駆けつけた署員は任意同行を求めて身柄を確保し、2日午後9時20分に詐欺の疑いで通常逮捕した。

 逮捕当時、容疑者はノーネクタイながらブレザーっぽいスーツに身を包んでおり「パッと見は普通のおじさん風」だったという。容疑者は容疑を否認しているが、同じ手口で同じ人物をだまそうとは、あまりにも虫がよすぎたようだ。

 【関連記事】
葛城市 パン店 奈良県警 を調べる

普天間移設、月内一本化困難 首相が発言後退(産経新聞)
子供の車内置き去り 米では犯罪、逮捕も(産経新聞)
<自民>参院選候補を追加発表(毎日新聞)
日本の車両技術 国際標準めざせ 鉄道総研に新センター(産経新聞)
ラグビー元日本代表 列車にはねられ死亡(産経新聞)

<人事>最高裁(毎日新聞)

2010.04.02
 最高裁(30日)東京高裁部総括判事(前橋家裁所長)井上繁規▽前橋家裁所長(広島高裁岡山支部長)小川正明▽広島高裁岡山支部長(広島高裁岡山支部部総括判事)高田泰治

 (29日)退職(東京高裁部総括判事)藤村啓

<上田市長選>母袋創一氏が再選 長野(毎日新聞)
<申告漏れ>EXILE所属の芸能プロが3億円…国税指摘(毎日新聞)
銀河鉄道999 北九州の空へ モノレール開業記念(毎日新聞)
「一緒に歌おう」カラオケ部屋侵入、強姦未遂で男逮捕(産経新聞)
介護従事者処遇状況調査の結果など報告―介護給付費分科会(医療介護CBニュース)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。